年明けからとても残念なニュースが入りました。

箱根駅伝と並び人気のニューイヤー駅伝で、観客が連れてきていた黒いトイプードル犬と思われる小型犬がいきなりコースに乱入。その犬にぶつかった優勝候補の一角、コニカミノルタのP.クイラ選手が転倒、順位を下げる結果に・・・

2016-01-03_02h30_52


スポンサーリンク

 


スポンサーリンク

何より悲しいのが、このハプニングが大会の結果事態に大きく影響してしまったことです。

転倒したP.クイラ選手を擁するコニカミノルタは、事故まで先頭集団にいましたが、2区終了時には20位と大きく順位を後退。

しかし、その後大きく盛り返し、最終的には1位のトヨタにたった20秒差の2位となったのです。

あのハプニングさえなければ、間違いなく優勝していたであろう結果。

この結果を見て、ネット上では飼い主に対する批判が噴出しています。

飼い主に対するネット上の批判の声

2016-01-03_02h35_26

2016-01-03_02h35_08

2016-01-03_02h34_51

2016-01-03_02h34_44

2016-01-03_02h34_332016-01-03_02h33_232016-01-03_02h33_372016-01-03_02h33_112016-01-03_02h32_38

 

今回の事件ではからずも有名になってしまったP.クイラ選手のプロフィールとは?

ポール・クイラ選手はケニア出身の25歳、コニカミノルタ所属に所属しています。

○生年月日 1990年1月25日

○身長/体重   168cm/50kg

○出身国 ケニア

○出身高校 仙台育英高校

P.クイラ選手は15歳の中学生時だから陸上競技を始め、高校時代にすでに駅伝の仙台育英高校に所属し、活躍をしてきました。

仙台育英高校所属時には、インターハイで5000m陸上で優勝もしています。

それだけの有望選手が、状態も良くパフォーマンスを発揮していた駅伝で今回のハプニングに巻き込まれてしまったのはとても残念ですね。

今回のことがあっても、日本のことを嫌いにならないで欲しいです。

 

今のところは大きな怪我は無かったようで一安心ですが・・・

映像を見ていても、P.クイラ選手は黒い犬が入ってきた時に、避けようとして懸命にジャンプをしています。そのまま蹴飛ばしていたら走り続けられたかもしれません。

それをしなかったとっさの判断ができる、優しい心を持ったP.クイラ選手。

 

 

今回の様な事件が今後は起こらないように、応援マナーの向上やルールの明文化が必要でしょうね。

追記:

クイラ選手も、犬にも大きな怪我は無かったようですね。


スポンサーリンク