バイナリーオプション取引攻略にとって重要なポイントとなる、取引時間帯について説明します。
ここでは、バイナリーオプション取引の主要な銘柄を構成する為替の市場取引時間に関して解説します。

為替市場に大きく影響を与えているのは、世界3大市場である東京、ロンドン、ニューヨーク、この3つの市場。
これらの市場が開いている間は、各国の経済指標が発表されることもあり、活発に為替取引が行なわれます。
ですから、これら3市場の時間帯の特徴を知ることが、バイナリーオプション取引を攻略するためのキーポイントであるといえるでしょう。

3大市場が開いている時間は以下の通りです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

・東京市場
AM9:00~PM6:00

・ロンドン市場
PM6:00~AM3:00
夏時間 PM5:00~AM2:00

・ニューヨーク市場
PM11:00~AM8:00
夏時間 PM10:00~AM7:00

この3大市場がオープンしている時間帯は、取引が活発に行なわれるので、流動性も高く、
レートが大きく振れる時間帯。
つまり、値動きが重要となるバイナリーオプションにとって攻略しやすい時間帯といえます。

ただし、この時間帯の間がずっと攻略しやすい時間帯というわけではなく、
この時間帯の中でも特に稼ぎやすい時間帯というものがあります。

まずはAM9:00~10:00頃。
この時間帯は、東京市場で活発に為替取引が行なわれます。
とりわけゴトウ日(日付が5の倍数の日)と呼ばれる日は、
銀行の仲値決定時間(9:55頃)までの取引が活発なため、
トレンドの傾向を読み切ることができれば、攻略することが容易。

次の時間帯はPM6:00~7:00(夏時間はPM5:00~6:00)。
この時間帯はロンドン市場が開始される時間。
世界中の市場で最も多くの金額が動くこの為替市場では、
数多くの投資家やディーラーが積極的に取引を行なうため、
レートの振れ幅(ボラティリティ)が大きくなります。
また、ユーロ圏の経済指標が発表されるのもこの時間帯。

最後の時間帯はPM11:00~AM1:00
(夏時間はPM10:00~12:00)。
この時間帯はニューヨーク市場が開始される時間でもあり、
かつ、世界最大のロンドン市場が開いている時間帯が重なるため、
最も取引が活発になる時間。
世界第1位の経済大国アメリカの経済指標発表もこの時間帯に行なわれます。
また、AM1:00(夏時間はAM0:00)にはロンドン・フィキシングがあります。

ロンドン・フィキシングでは、この時間に有価証券などの決済に絡んだ取引が行なわれるため、
レートの動きが荒くなります。
これら3つの時間帯で、
これまでに紹介したバイナリーオプション取引のハイローやレンジアウト等を狙えば、
攻略できる可能性が高くなります。


スポンサーリンク