北海道にある町工場、一見ありふれた工場に見える植松電機ですが、リアル下町ロケットを実現して、なんとロケット開発を行っているのです。

テレビ番組のアンビリーバボーでも取り上げられて感動を呼びました。

しかも、ロケット技術では難関といわれる「固形燃料」によるロケット推進を研究開発しており、大きな成功を収めている。


スポンサーリンク

その技術力は極めて高く、JAXAとの共同実験も行い、国内だけでなく米国の民間宇宙開発会社・ロケットプレーン・キスラー社に注目され交流関係を結ぶほど。

しかし、小さな町工場と最先端のロケット技術。そこがどう結びついたのかは不思議ですよね。実はそこにはキーワードがあります。

「思うは招く」

この言葉が植松努さんを支え、一時はどん底だった彼を現在の成功に導いたのです。

その「思うは招く」という言葉の意味と隠されたエピソードを御本人の言葉を交え、ご紹介します。

「思うは招く」植松さんのリアル下町ロケット実現までの道のり


スポンサーリンク

・子供の頃から飛行機やロケットが大好きだった

・重心や空気の抵抗を計算した紙飛行機を作るほど

・しかし、中学に上がると、「子供っぽい」とまわりからバカにされ、将来の仕事を「飛行機やロケットに携わりたい」というと、学校の先生から「無理だ」と言われる

・学校の勉強に興味が持てず、成績が悪かった

・工業大学に入ると、飛行機の研究ができるようになり、成績はトップクラスに

・念願かなって三菱重工業の航空宇宙部門に就職

・しかし、現実はクライアントの求めに応じて作業を行うだけで、自由に設計などできず、失意の内に5年で退職

・父親が経営する町工場を手伝うことに

・しかし、炭坑用の電機部品の販売を行っていた植松電機は、赤平市周辺の炭坑が次々と閉山した結果、経営難に陥る

・そこでヒット商品「リサイクル用マグネット」を開発、年商を10倍に!しかし、提携先の都合や同業者の妨害で全く売れなくなり、2億円の借金を負う。

・裏切りや蹴落としという社会の現実に直面し、失意のうちに必死の営業を続ける中、親に虐待されてしまった子供達に出会う

・「子供達に夢を与えられるような仕事がしたい」

・特許問題などを乗り越え、次第にリサイクル用マグネットの良さが広まり、経営は徐々に回復していった。

・ある時、北海道大学からロケットの共同開発の打診が来る

・「今こそ子供の頃の夢を実現する時」

・たった18人の町工場で、経験ゼロという状況で、ロケット開発を決心

・無数の失敗を乗り越え、多くの協力者を得て、ついに固形燃料のロケット製造技術を確立。

・人工衛星の打ち上げに成功

・世界に3つしかない無重力状態を再現する機器自社で製作、保有(日本では唯一)

・その技術力の高さから「NASAより宇宙に近い町工場」との評価が広まり、NASAをはじめ世界中から技術者が学びに来るほど

・その傍ら、子供達に小型の固形ロケット燃料(飛距離100m、時速200km)を作って飛ばす体験学習の機会を提供し続けている

・これらの道のりの間、ずっと植松さんをささえたのが、「思うは招く」

「思うは招く」に込められた植松さんが語るその思い

僕の母さんが中学生の時に教えてくれた言葉です。思ったらそうなるよ、という意味です。思い続けるって大事です。

出典:http://logmi.jp/25655

中学校時代、先生に夢の実現など「無理だ」と言われた植松さんにお母さんがかけてくれた言葉だそうです。

植松さんは北海道の赤平という場所で生まれ、地元工場を経営しています。

2016-01-02_21h25_55

これが植松さんの工場です。場所はこちら

主要な取扱品は、リサイクルの現場で使用される電磁磁石(マグネット)の機械。

リサイクル用マグネットも良い商品で、リサイクルの現場などで重宝されているようです。また、ロケット開発で得た技術をこちらに活かして品質向上を実現しています。

そんな植松さんが飛行機やロケットを好きになったきっかけとは・・・

僕には大好きなじいちゃんがいました。大きくて優しいじいちゃんです。僕とじいちゃんとの1番の思い出はアポロの月面着陸です。一緒にテレビを見ました。僕が覚えてるのはじいちゃんが見たことないほど喜んでいる姿です。「ほらみれぇー、ほらみれぇー、人が月行ったぞ。お前も月行けるぞ」と喜んでるんです。そんな喜んでるじいちゃんを僕は見たことがなかったんです。僕はその笑顔をもう1回見たかったです。

おじいさんを喜ばせたい、という純粋な思いから。

しかし、そんな植松少年に投げかけられる大人の心ない言葉・・・「夢みたいなことを言ってないで学校の勉強をしなさい」

当時飛行機やロケットに夢中だった植松さんは学校の勉強そっちのけ。学校の成績が落第だったエジソンのようでした。

子供の夢を伸ばして、その実現のための方法を教えてくれるのが、先生の仕事だと思うのですが、残念ながら植松さんの担任の先生はそうではありませんでした。

それどころか、夢を追い続ける植松さんは教室でも次第に孤立していきます。

そんな植松さんですが、心のよりどころとする人物がいました。それは・・・

でも、そんな僕を助けてくれた人達がいました。その人たちは本の中の人たちです。

僕を助けてくれたのはライト兄弟だったり、エジソンだったり、彼らも誰にも信じてもらえない人たちでした。

本の中の人達の応援を受け、なんとか前に進んでいく植松さん。しかし、「心を壊して」しまいます。

それは、植松さんが実家の経営を引き継いだ後。リサイクル用マグネットを開発したのですが、契約先の会社が自社都合で一方的に契約を破棄したり、同業他社の妨害を受けて、ほとんど売れなくなってしまったのです。

だから飛行機に乗るたびに「この飛行機、今日こそ落ちてくれ」と祈りました。

乗っている飛行機が落ちて楽になることばかりを考える日々。どれくらい傷ついていたのでしょうか。次第に人に対する不信感を持つようになり、孤独感が増す日々。

そんななか、転機が訪れます。友人がふと児童施設のボランティアに誘ってくれたのです。

しかし、その児童施設の子供達は、中々植松さんに心を許しません。

養護施設の子供たちは親からひどい目に合った子供たちでした。最初は、誰も近寄ってきませんでした。一生懸命関わっていたら、帰る頃には「帰らないで」と言ってくれました。スキンシップも求めてくれました。

そして、帰り際にある男の子が植松さんに自分の夢を聞かせてくれました。それは、「もう一度自分の親と一緒に暮らしたい」。その言葉を聞いた時、植松さんは驚くと同時に、自分を傷つけさえした親をまだ愛しているというその純粋さに、自分の心を揺さぶられます。

当時、利益重視で会社の経営を軌道に乗せようとしていた植松さんにとって、それは子供の時の純粋な夢を取り戻すきっかけとなりました。そして、自分が夢を実現することが、児童施設の子供達に勇気を与えることになると確信します。

そんな植松さんに、奇跡が起こります。

ところが、僕はロケットは危ないから作ってはいけないということを知っていました。だから諦めていました。でも、神様がいたんです。

神様が、植松さんの夢を後押ししてくれます。

神様が北海道大学の永田教授に会わせてくれました。永田教授は奇跡的に安全なロケットの研究をしていました。奇跡的にお金がなくて諦めようとしていました。僕はお金がないけど物が作れるんです。そんなふたりが出会っちゃったんです。

その後は、夢に向かってもの凄い努力と失敗を積み重ねます。会社の利益もロケットの研究開発費にまわす日々。経営者の仲間には、「おまえの夢のために工場のラインを使う?それはただの道楽だ!」と言われます。それでも、植松さんは信念を貫きました。

その植松さんが、夢を持っている人、諦めかけている人に贈る言葉

僕は、小さい頃から飛行機やロケットが好きでした。でもやったことがない人はできるわけないと散々言いました。母さんは、「思うは招く」と教えてくれました。思い続けたらできるようなりました。だから思い続けるって大事です。

「思うは招く」

どんな夢も叶っちゃうよという言葉をプレゼントして終わりにしたいと思います。それは「だったらこうしてみたら」で夢は叶うんです。考えてみてください。自分の夢をしゃべった時、「いや、それ無理だわ」なんて言われたら元気なんかなくなります。でも、だったらこうしてみたら? こないだ本屋にこんな本あったよ。こないだテレビでこんな番組やってたよと言われたら、もっと元気が沸くじゃないですか、そのほうが絶対楽しいです。

「だったらこうしてみたら」

 

植松さんの工場では、今も「カムイ」(アイヌ語で神様の意)と命名されたロケットが、今でも研究開発・生産されていて、あくなき探求心により改良が続けられています。

今では小型のロケット用エンジンを相場の1/10以下である8000円程の材料で生産できるまでになりました。

子供の頃に植松さんが持った夢「飛行機やロケットを作りたい」。この夢を叶えた「思うは招く」「だったら、こうしてみたら?」

これらの言葉ができるだけ多くの人に届き、夢を諦めかけている人、夢を追い続けている人達へのエールになることを願っています。

 

出典:http://logmi.jp/25655


スポンサーリンク