明けましておめでとうございます。

皆さん、年越しはどのように過ごされましたか?


スポンサーリンク

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!」を見て過ごした方も多いのではないでしょうか?

関連記事:【ガキ使2015】超リアルおもしろメガネは販売品?自由廊「くろさわつ」さんに聞いた

2015-01-01_00h38_07

今回の舞台は「ガースー黒光り中央刑務所」。

囚人研修員として例年のメンバー、ダウンタウン、ココリコ、月亭方正ら、ガキ使メンバーが抱腹必至のトラップに襲われる、というもの。

2015-01-01_00h39_52

今年も爆笑させてもらいましたが、今回の1.2を争う見所は、刑務所でココリコ遠藤が即興で演じた「プテラノドン」といっても過言ではないでしょう。

 

壇上で司会者から役割を示され、その場にいた3人は、それぞれ「ティラノサウルス」「ステゴサウルス」「プテラノドン」を演じることに。

 

「プテラノドン」を指定されたココリコ遠藤は、演技開始と共に「オゴッ!オゴォ!」と叫びながら「ティラノサウルス」と「ステゴサウルス」に突進していくシュールな展開に。

 


スポンサーリンク
  

何故、その鳴き声を選んだのか?

 

そして何故2匹の恐竜に突っ込んでいったのか?

 

全ては数秒の間にココリコ遠藤氏の脳裏に広がった「笑いのイメージ」によるものでしょう。

 

案の定、その後休憩室でダウンタウン松本にツッコミまくられ、何度も再現する羽目に・・・

 

そのシーンも必見の面白さでしたが、

 

1つのネタで2度の見せ場を作ったココリコ遠藤氏にMVPを捧げたいと思います。

 

今年(昨年?)も楽しい番組をありがとうございました。

 

因みに、今回登場した3匹の恐竜はこの様な姿です。

ティラノサウルス

thirano

ステゴサウルス

sutego

プテラノドン

putera

 

一番貧弱に見えるプテラノドンが「オゴッ!」と奇声を発しつつ2匹の恐竜に突っ込んでいく様は、何というか、筆舌に尽くしがたいものがあります。

 

他にも見所の多かった今年の「ガキの使いやあらへんで」「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!」

 

見逃した方は今後放送される総集編や、発売されるDVDをお楽しみに。

それまで待てない方は、過去作品を楽しむのも良いかもですね。


スポンサーリンク